幸せホルモンを増加させるセロトニンサプリ

安らぎを感じるために

婦人

幸せの脳内物質

セロトニンは、アドレナリンやドーパミンと同様に脳内物質のひとつで、精神のバランスを整える作用のある物質です。アドレナリンやドーパミンが興奮して、時には暴走することもありますが、セロトニンはアドレナリンやドーパミンの暴走を抑える作用があります。セロトニンが不足すると、精神的にはやる気が起きなくなったり、集中力がなくなったりと人によって異なりますが様々な症状が現れます。身体的にもセロトニンが不足すると、疲れやすくなったり、肩こりが酷くなったりといった症状が現れます。セロトニンは脳内物質と呼ばれていますが、脳内にはわずか2%しか存在せずに、ほとんどは腸内および血液内に分布しています。そのわずか2%のセロトニンが人間の精神面に大きな影響を与えていることになります。現代では多くの人がセロトニン不足に陥っています。セロトニンが減少する理由は定かではありませんが、太陽の下で行動することが少なくなったことが一因として上げられています。子供たちが屋外でなく屋内で遊ぶ時間が長くなってきたことで、うつ傾向の子供が増えてきています。

生活習慣の見直しが重要

セロトニンを増やすには、早寝早起きの規則正しい生活をしたり、適度な日光浴をしたり、腸内環境を整えたりといくつか考えらえることはありますが、すぐに効果が実感できることはありません。セロトニンはトリプトファンとビタミンB6と鉄分を利用して作られます。それにトリプトファンを分解して、ビタミンB6の合成をサポートする腸内細菌の存在も重要です。豆類や漬物を豊富に摂っていた日本人は、十分な量のトリプトファン等を摂ることができましたが、肉類や加工食品を多く摂るようになったためトリプトファンが不足するようになってしまいました。昔ながらの和食生活に戻ることはなかなか難しいため、トリプトファンとビタミンB6と鉄分を摂取できるサプリを利用することをお勧めします。精神的なリラックスや安眠を望む人には、セロトニンサプリと呼ばれているものには、トリプトファンの他にもGABAやカモミールといったリラックス効果がある成分がサプリには配合されているものを選んでください。基本的には生活習慣を見直すことが大切ですが、補えない分をサプリで補充するようにしましょう。