幸せホルモンを増加させるセロトニンサプリ

うつ病の改善に役立つもの

サプリ

脳内物質をコントロール

うつ病は、不眠と深い関係があり、どちらの場合もセロトニンを増やす薬が処方されます。心に大きな影響を与える脳内物質には、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンがあります。快楽を感じるドーパミンと不安や恐れを感じてストレスに打ち勝とうとするノルアドレナリンは、どちらも多すぎても少なすぎても心の平衡感覚が崩れ病的になってしまいます。その2つの物質のバランスを取ってコントロールしているのがセロトニンです。セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られます。トリプトファンを摂取するためには、朝食で大豆、乳製品、卵、バナナなどを積極的に取り入れるのがよく、トリプトファンが多く含まれるケールを主原料とした青汁を常飲するのもよい補給源になります。体内でセロトニンを生成するには、トリプトファンだけでなく、ビタミンB6や合成を助ける炭水化物が必要です。ビタミンB6も大豆や玄米、青魚の赤身、バナナ、アボカドなどに多く含まれています。これらを同時に摂ることでセロトニンを体内で作り出すことができるのです。

生活環境の改善とともに

しかし、すでにセロトニンが不足して心身に不調をきたしている場合には、食事で摂るだけでなくサプリメントで補うことが必要です。サプリのメリットは副作用の心配がなく、薬と併用してもよい点があげられますが、穏やかな効き目のため即効性を期待することはできません。しかし依存症になることもなく身体に良いものなので安心して摂り続けることができます。市販のサプリには、トリプトファン以外にも睡眠の質を向上させるグリシンやクワンソウ、レスベラトールやニノなどが配合されています。どれも心身を休める効果があります。うつ病はセロトニンやノルアドレナリンの不足によって引き起こされるといわれていますが、不足する原因は食生活だけでなく、生活のさまざまなストレスにあります。食品やサプリでセロトニンを補給することは改善の一つの手段ですが、ストレスの原因を除去できないと根本的な解決には至らない可能性があります。サプリを摂りながら周りの人の協力を得て、生活環境を見直していくことが大切です。