幸せホルモンを増加させるセロトニンサプリ

感情を抑える物質とは

女性

神経伝達物質の一つ

セロトニンは、人間の体内にある物質で様々な働きをしています。消化器官の機能を調節し、脳内では神経伝達物質としての役割を果たします。血管を収縮させる効果もあるので怪我をした時など止血する作用があります。セロトニンのほとんどは消化器官に存在していて、脳内にあるのはほんの2%ほどです。そのごくわずかな物質がドーパミンやノルアドレナリンと並んで三大神経伝達物質と呼ばれているのです。ドーパミンやノルアドレナリンが、攻撃や喜び、不安、恐怖などの感情をつかさどるのに対してセロトニンは、やる気や精神の安定、幸福感などの感情を支配しています。セロトニンが不足してくると不安や怒りなどの感情を抑えることが困難になってきます。また、セロトニンは、睡眠の質を良くする働きもあり、メラトニンという物質に変化して眠りを深くしたりする効果があります。メラトニンは夜になると増えるのでそのため自然と眠気が起こるようになるのです。快適な睡眠を得るには脳内のセロトニンの分泌を増やすことが必要となります。

分泌を促すには

セロトニンを増やすには日光を浴びることが必要で、適度な運動も効果的です。それにバランスのとれた食事を摂ることも必要になってきます。セロトニンの分泌を促すには、アミノ酸の1種であるトリプトファンが必要です。トリプトファンは、乳製品や、肉類や魚介類から摂取することができます。また、ビタミンB6やナイアシン、マグネシウムなどもセロトニンの合成に役立ちます。ビタミンB6は、にんにくやサンマ、ナイアシンは緑黄色野菜やきのこ類、マグネシウムは、海藻類などに多く含まれています。これらの食品をバランスよく毎日食べるのは大変なためサプリも多くの人に利用されています。サプリは、簡単にトリプトファンやビタミンB6などの栄養素を摂ることができます。特にトリプトファンは、体内で合成することができないため毎日摂ることが必要になってきます。サプリは、忙しくて食事をきちんと摂れない人にも役立っています。仕事の合間に飲むことで必要な栄養素が摂れるのです。それに、1日に必要な量の栄養成分を確実に摂ることができるのもサプリの利点の一つです。